--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-15(Sun)

CentOSにsudoersを設定する

suではrootパスワードを直接入れなければならない。
->rootアクセスするアカウントがrootパスワードを知っていることになる。
->セキュリティー的にどうなの?
ということでsudoで管理するよう変更する。

インストール
パッケージを確認する。
$ yum list | grep sudo
sudo.x86_64 1.7.4p5-7.el6 @anaconda-CentOS-201112091719.x86_64/6.2


インストール
$ yum install sudo
Package sudo-1.7.4p5-7.el6.x86_64 already installed and latest version

あれっ、インストール済み?
確認。
$ yum list installed | grep sudo
sudo.x86_64 1.7.4p5-7.el6 @anaconda-CentOS-201112091719.x86_64/6.2

デフォルトでインストールされているみたい。

visudo
$ su --> (rootログイン)
$ visudo
## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel ALL=(ALL) ALL
%admin ALL=(ALL) ALL --> パスワードでログイン許可

## Same thing without a password
# %wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
%wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL --> パスワードなしでログイン許可

$ ユーザーhogeをwhellユーザーに追加
$ gpasswd -a hoge wheel


確認
$ exit
$ sudo su

パスワードなしで入れた。



参考:
sudoを設定する
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

kumagonjp2

Author:kumagonjp2
Python,Django,R,Mongo,MySQL,Struts,Spring,データマイニングなどサーバー関係のメモを残していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。