--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-04(Wed)

グラフデータベースってなんだろ?メモ

最近、SNSの人間関係(つながり)についてグラフデータベースが話題になっている。
複雑な人間関係を表現するときにRDBを使っていると再帰処理が増えてパフォーマンスが劇的に
悪化するからだ。
複雑で頻繁に変化する人間関係をデータベース化するのにグラフデータベース(NoSQL)がよく使われている。

グラフデータベースは以下の3要素を使うらしい。
 ①ノード(node)
 ②リレーションシップ(relationship)
 ③プロパティ(property)
ノードの概念を使うため、膨大なグラフを抽出しても局所的にみると1ステップの検索コストは
ほとんど変わらないのが特徴。

グラフデータベースには
 Neo4j、Sones、InfoGrid、OrientDB、InfiniteGraph
などがある。
有名なDBはAPGLv3なので商用利用の場合は気をつけた方がいい。

Tinker Popは詳しく調べてみないと。
 Gremlin、Blueprints、Pipes、Rexster、Mutant
などがありGraphDBを統一的に扱うためのラッパーレイヤーライブラリー
みたいなもんと想像している。

参考:
「GraphDB徹底入門」〜構造や仕組み理解から使いどころ・種々のGraphDBの比較まで幅広く〜
グラフデータベース、NOSQL、Neo4j
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

kumagonjp2

Author:kumagonjp2
Python,Django,R,Mongo,MySQL,Struts,Spring,データマイニングなどサーバー関係のメモを残していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。