--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-08(Sun)

Gephiを使ってグラフ化画像を生成する(1)

Gephiのサンプルソースを使ってグラフ画像を生成してみた。

(1).netbeansをinstallする
ここからダウンロードする。
-- 実行権限を与える
$ chmod u+x netbeans-7.1-ml-javase-linux.sh


(2).サンプルプロジェクト起動
-- gephi-toolkit-0.8.3-all.zipをここからダウンロードする。
$ wget https://github.com/downloads/gephi/gephi/gephi-toolkit-0.8.3-all.zip
$ gunzip gephi-toolkit-0.8.3-all.zip


-- netbeansでプロジェクトを開く
プロジェクトはgephi-toolkit-0.8.3-all/toolkit-demosフォルダ。

(3).ソースの中身
-- 実行ファイル
$ vim src/org/gephi/toolkit/demos/Main.java

ここにいろいろなデータの読み込みサンプルがつまっている。

-- HeadlessSimple.java
グラフ記述ファイル(polblogs.gml)を読み込んでグラフを生成している。
グラフの関係記述ファイルは以下においてある。

org/gephi/toolkit/demos/resources/polblogs.gml

このファイルはGML(Graph Modelling Language)というグラフ生成用に作られたフォーマット。
詳細はここからSpecificationをダウンロードできる。
GephiでのGMLフォーマットの説明はここ

中身はこんなの。nodeとedgeを永遠と定義されている。
graph [
directed 1
node [
id 1
label "100monkeystyping.com"
value 0
source "Blogarama"
]

|
|

edge [
source 267
target 1394
]
]

詳細はこんどSpecificationをじっくり読むとしてnodeはnode情報、edgeが関連情報
と理解して先に進む。

つづくー
(参考)
創るJava NetBeansでつくって学ぶJava GUI & Webアプリケーション[改訂第3版]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

kumagonjp2

Author:kumagonjp2
Python,Django,R,Mongo,MySQL,Struts,Spring,データマイニングなどサーバー関係のメモを残していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。