--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-13(Mon)

Ubuntuへyamcha & Cabochaをインストール





「係り受け解析」を理解すべくyamcha & Cabochaをインストールしてみる。

(1).text chunker "yamcha"のインストール
ココからダウンロード。
$ tar xzvf yamcha-0.33.tar.gz
$ cd yamcha-0.33
$ ./configure
configure: error: svm_learn (TinySVM or SVM^light) required for training


TinySVMがないとさ。
ここからダウンロード
$ tar xzvf TinySVM-0.09.tar.gz
$ cd TinySVM-0.09
$ ./configure
$ make
$ make install


やっと再make
$ cd yamcha-0.33
$ make
param.cpp: In member function 'bool YamCha::Param::open(int, char**, const YamCha::Option*)':
param.cpp:102: error: 'strlen' was not declared in this scope
param.cpp:103: error: 'strncmp' was not declared in this scope
param.cpp: In member function 'bool YamCha::Param::open(const char*, const YamCha::Option*)':
param.cpp:182: error: 'strncpy' was not declared in this scope
param.cpp:185: warning: deprecated conversion from string constant to 'char*'
param.cpp: In member function 'void YamCha::Param::help(std::ostream&, const YamCha::Option*)':
param.cpp:205: error: 'strlen' was not declared in this scope
param.cpp:211: error: 'strlen' was not declared in this scope

コンパイルエラー発生

対応は以下の通り。
$ vim src/common.h
#include < string.h > (追加)


再コンパイル
mkdarts.cpp: In function ‘int main(int, char**)’:
mkdarts.cpp:83:14: error: ‘atoi’ is not a member of ‘std’
make[2]: *** [mkdarts.o] Error 1
make[2]: Leaving directory `/mnt/backup/yamcha-0.33/libexec'
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
make[1]: Leaving directory `/mnt/backup/yamcha-0.33'
make: *** [all] Error 2

またまたエラー
対応は以下のとおり。

$ vim libexec/mkdarts.cpp
#include < cstdlib >

$ make
$ make install
これでインストールできた。


cabochaのインストール
ココからダウンロード。
$ sudo apt-get install mecab-jumandic-utf8
$ tar xzvf cabocha-0.60.tar.gz
$ cd cabocha-0.60
$ ./configure --with-charset=utf8 --enable-utf8-only
$ make
chunk_learner.cpp:6:19: fatal error: crfpp.h: No such file or directory
compilation terminated.
make[2]: *** [chunk_learner.lo] Error 1
make[2]: Leaving directory `/mnt/backup/cabocha-0.60/src'
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
make[1]: Leaving directory `/mnt/backup/cabocha-0.60'
make: *** [all] Error 2
エラー発生。


crfがないとさ
対応は以下のとおり。
$ wget http://kent.dl.sourceforge.net/sourceforge/crfpp/CRF++-0.54.tar.gz
$ tar xzvf CRF++-0.54.tar.gz
$ cd CRF++-0.54
$ ./configure
$ make
In file included from node.h:13:0,
from node.cpp:9:
path.h:26:50: error: ‘size_t’ has not been declared
make[1]: *** [node.lo] Error 1
make[1]: Leaving directory `/mnt/backup/CRF++-0.54'
make: *** [all] Error 2

crfでもエラーかよ!またまたエラー発生。

対応は以下のとおり。
$ vim node.cpp
#include < time.h > (追加)
#include "node.h"
$ make
$ make install


cabochaに戻る。
$ make
~/cabocha-0.60/src/.libs/lt-cabocha-model-index: error while loading shared libraries: libcrfpp.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
make[2]: *** [chunk.ipa.model] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `~/download/cabocha-0.60/model' から出ます
make[1]: *** [all-recursive] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `~/download/cabocha-0.60' から出ます
make: *** [all] エラー 2

またまただぁ。

$ sudo vim /etc/ld.so.conf
include include /usr/local/bin (追加する)
# sudo ldconfig
$ sudo make
$ sudo make install


やっとだ。
チェック時に
$ cabocha
cabocha: error while loading shared libraries: libcabocha.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory

こんなエラーに襲われたら以下を実行してみる。

$ sudo ldconfig


echo 'すもももももももものうち' | cabocha
すももも-D
もももももの-D
うち
EOS


参考:
入門 自然言語処理
自然言語処理 (IT Text)
テキストマイニングを使う技術/作る技術―基礎技術と適用事例から導く本質と活用法
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

kumagonjp2

Author:kumagonjp2
Python,Django,R,Mongo,MySQL,Struts,Spring,データマイニングなどサーバー関係のメモを残していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。