--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-24(Sat)

Google Analytics + Google Adsenseを使ってみる(2)

次にGoogle Analyticsを設定したのでこれもメモる。

Google Analyticsを使う前にいろいろ用語を知る必要があることに気づいた。
ここがわかりやすいので勉強になる。

(覚えておく必要のある単語)
直帰率 -- ウェブサイトにアクセスした人が、入口となる最初の1ページだけを見てサイトから離脱してしまう割合。
離脱率 -- ウェブサイトにアクセスしてきた人が、サイトでの商品購入や資料請求などのコンバージョン(=最終成果)
に達することなく、そのサイトから離脱(ブラウザを閉じたり、他のサイトに移動してそのサイトを退出すること)
してしまう割合。
コンバージョン -- サイト訪問者を実際に取引制約に結びつける。

のちわからない用語があったらここに追記していこうっと。

手順としてはこんな感じだろうか?これもまだ未確認でこれから勉強だ。
(手順)
(1). Google Analyticsに申し込んで自分のFC2ブログのアドレスを設定する。
(2). Google Analyticsの埋め込みコードを取得する。
(3). FC2のテンプレートにコードを埋め込む。
(4). アクセス記録を見てみる。


まず、Google Analyticsに申し込んで自分のFC2ブログのアドレスを設定する。
以下の画像みたいに「アカウント管理」タブ->「プロパティー設定」タブで
解析するアドレスを設定する。
GoogleAnalytics Address設定

次にトラッキングコードを取得する。
となりの「トラッキングコード」タブをクリックすると以下のとおりコードが出てくる。
analytics1.png
analytics2.png

で、埋込みコードをコピーする。
FC2のブログの管理画面から
「環境設定」->「テンプレートの設定」->今選択しているテンプレートの編集をクリックする。
実コードの中で以下を検索。
</head>
<body>

を探して上記コードの真上にGoogleAnalyticsで取得した埋込みコードをコピペすれば完成。

これもしばらく何日かモニタリングしないと動作確認できないのでお待ちを。


参考:
Google Analyticsではじめるテストマーケティング
プロが教える Google Analytics 実践テクニック
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

kumagonjp2

Author:kumagonjp2
Python,Django,R,Mongo,MySQL,Struts,Spring,データマイニングなどサーバー関係のメモを残していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。